So-net無料ブログ作成

オーディオマニア御用達のアンプで今なお活躍中の真空管 [電子部品]

HTB1kGmWKpXXXXbTXVXXq6xXFXXXS.jpg

ガラス製品で心配でした
無料なのに書留でしっかり梱包されて
約1週間という早さで届きました。

現在では普段の生活で全くお目にかからなくなった代物です。

名前の通りにガラス管の中を真空にして電極を設けてあります。

現在LED電球が普及してきましたが
白熱電球と構造は似ていると思って下さい。

DSC02623.JPGDSC02626.JPGDSC02627.JPG

現代ではテレビも数センチという薄型となっていますが
その前の時代はブラウン管と言うものを使っていました。

そのためテレビは奥行きがあり、その一番の要素はブラウン管でした。
これもまた真空管のようなものです。

またそれより前になりますと電気回路にも
真空管が使われており、白熱電球同様に熱も発生していました。

DSC02628.JPGDSC02629.JPGDSC02630.JPG

今の一番の活躍の場としてはオーディオの分野かもしれません。

マニアの方が音源のために自作でオディオアンプを作り、利用されているようですし
オディオアンプも市販されています。

点灯イメージはこんな感じでもないですが
ちょっとノスタルジックな味があるのではないでしょうか。



関連記事
PCB BMS保護ボード
プッシュボタンに点灯用のLEDを内蔵したタクトSWがかわいい
トランペットのピストンのようなプッシュSW
伝わらないと思われるトロイダルコイルの魅力
ピンヘッダーというプリント基板用の端子もカラフルな5色
キャンディーみたいなカラーがかわいい 自動車用ヒューズ
押した時のプチプチ感が癖になるSW 家電製品の定番のタクトSW
まだまだ種類があるON-OFFの感触が癖になるプチプチ系のタクトSW
丸型でLED内蔵のON-OFF用のロッカーSWがかわいい




アクセスランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。