So-net無料ブログ作成

コードレスで使い勝手がよさそうなガスバーナー式の半田ごて [ツール]

Hot-Best-Multi-function-Cordless-Portable-Welding-Pen-Blow-Torch-Butane-Gas-Solder-Iron.jpg

半田ごてをご存知ない方に説明しますので
知っている方は無視して下さい。

電気製品には電子基板という
電子部品が取り付いている板が使われています。(小さな製品はこの限りではない)

その電子部品を固定したりする時に
接着剤のようなことで半田を使います。

DSC02646.JPGDSC02647.JPGDSC02648.JPG

しかしこの半田は錫と鉛の合金の一種で
混ぜ合わせの割合によって融点が低くなり
錫と鉛の各々の融点より低い
183℃位で溶けるようになります。

現在は有害な鉛を極力少なく使った無鉛半田もありますが
融点は217℃になるそうです。

そのために半田ごてのこて先温度を、250℃ぐらいにする必要があるわけです。

DSC02651.JPGDSC02652.JPGDSC02650.JPG

この半田ごては握るところにガスボンベが装着されており
ツマミを回す事により、ガスに点火した炎を調整し
こて先の温度を管理するようにします。
ありがたい事にガスは充填されていて
ツマミを回すとシューという音と共にガス臭がしました。

半田ごてはこて先を外せば
強力なガスバーナーとしても使えます。

電気の半田ごてですと電源ケーブルが必要になり、使用範囲が限られますが
この半田ごては電源がないところでも使用できるため
利便性には優れるかもしれません。

DSC02649.JPGDSC02653.JPGDSC02654.JPG

ただ問題としては、電気式の半田ごては温度管理がいらなかったのですが
ガスバーナー式はガスの調整で温度を保つため
天ぷら油の温度が測れるような温度計がないと心配です。

なにしろガスバーナーの先にこて先があると考えると
最高では1000℃位にはなるのではと考えられますから。



購入価格
2017-03-16_01h27_49.png

アマゾンで価格を見る
by カエレバ



関連記事
フライフィシングのフライタイイング用UVレジンキット
車内で外気温を測定するために室外温度計として購入
持ってるとかっこいいかも 安価なのでチョイ使いできるデジタルノギス
スケルトンの南京錠がキャンディーカラーのワケとは
電気回路で銅線を接続する方法 専用工具で圧着する端子もカラフル





アクセスランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。